InterBEE 2018

今日は自分にとって通算20回目となるInterBEEを見学しに幕張メッセまで行って来ました。毎回、ややニッチなブースを回るのが楽しみなのですが、今回もなかなか面白い製品を目にすることができ、楽しい1日となりました。個別の製品についてはまた追々ご紹介したいと思いますが、ティ・アイ・ディさんのブースにあったSAN「T-Share SANスターターパック」は高速NASでも処理の厳しい8K映像を軽々と読み書きできるモンスター製品で、出荷前にはディスクのエージングを数週間行い、検査にパスしたもののみを納品しているという説明でした。ちなみにこの会社、前職で勤務していた在京キー局では長年、外信系システムの周辺装置保守をお願いしていた会社なので、まさかこんな製品を取り扱っているとはつゆ知らず、新鮮な驚きでした。納品前のエージングテストにきっちり時間をかけるとは、さすが保守も行なっている会社だなと感じました。