顔から人種の特徴をAI測定

株式会社ベケットは、自社ソフトウェアの「Becket Face Checker」を使って顔写真から人種の特徴を簡単にAI測定できることを確認致しました。(結果は国別、性別の特徴データと照合し、近い順に上位10位まで表示されます。ただし、実際の「国籍」とは何ら関係はありません。)

モナリザの人種をAI測定した結果・・・

アジア人、欧米人、アフリカ系などの民族の顔の違いは人間から見ても比較的判別は容易ですが、国別などさらに詳細な違いとなると人間の目による判別はなかなか困難です。さて、モナリザのAI測定結果は、第1位「ハンガリー人(女性)」、第2位「ドイツ人(女性)」、第3位「リトアニア人(女性)」となりました。(第4位以下は下図参照)レオナルド・ダ・ヴィンチは国籍としてはイタリア人ということですが、モナリザのモデルとなった人物の人種については諸説がある様です。(なお、今回のテストでは既に販売中のWindows10版ではなく、未販売Mac版のFace Checker Proを使用しましたが、どちらを使っても結果は同じです。AI測定に使用したフェイス辞書はこちらからダウンロードいただけますので、解凍した2ファイルを「FaceChecker」フォルダに保存することでご利用いただけます。)

ハリウッド・スターの人種をAI測定すると・・・

ハリウッド・スターはその職業柄(移民の先祖も多い?)もあってか、AI測定の第1位が国籍とは異なる結果となる傾向がある様です。また、比較元のフェイス辞書の特徴データが20〜30歳代のため、同一人物であれば中年以降よりも若い頃の写真の方がそれらしい測定結果となります。トム・クルーズさんの1989年の写真でAI測定してみたところ、第1位「イタリア人(男性)」、第2位「白人系アメリカ人(男性)」、第3位「ルーマニア人(男性)」という結果になりました。(第4位以下は下図参照)これを最近の写真でAI測定してみたところ、第2位が「ウクライナ人(男性)」に。ちなみに日本人女性で試すと「韓国人(女性)」が第1位となるケースが多い様ですが、第5位までに「ウズベキスタン(女性)」がランクインすると、かなり美形な印象がありました。(注:個人的な感想です。)なお、タレントの香里奈さんの写真を複数枚AI測定してみたところ、ほとんどはアジア系の人種が占める結果でしたが、そのうち1枚だけ第1位「イギリス人(女性)」、第2位〜第10位まですべて欧米人という驚きの結果となりました。また、欧米系の顔のAI測定に間違った性別結果が含まれるケースは滅多にありませんが、アジア系女性のAI測定に関しては(男性)という結果が第10位以内に含まれるケースがかなりありました。アジア圏に関して言えば、いわゆる「男顔の美人女優」というのはAI測定の結果にも表れる様です。